夜ビル新作福岡編、Amazonで販売中!

OSAKA WHEELからの眺めと太陽の塔

img_3587-s

9月10日、万博公園の入場無料に合わせてエキスポシティの観覧車、OSAKA WHEELに乗ってきました。

観覧車の前に、太陽の塔を見に万博公園へ。今まで1度も目の前で見たことなかった念願の太陽の塔。

img_3577-s

私の生まれ育った神奈川県川崎市の小中学生は必ず岡本太郎美術館に何度か連れて行かれるので太陽の塔の存在は知っていましたが、怖がりな子供だった私にとって恐怖の対象でした。大人になった今は恐怖感はなく、むしろかっこいい、萌えの対象。

地上高70mの鉄筋コンクリート製、いかついオブジェが穏やかな公園に立ちすくむ姿に違和感はなく、むしろ馴染んでいました。さすが30年以上そこに立ち続けているだけありました。

ちなみに現在内覧会の参加応募を受け付けています。私も応募します。当たれ〜

 

本題の観覧車OSAKA WHEELは2016年9月現在、日本1の高さを誇る123m。
全ゴンドラにタブレット端末が装備されていましたが、さわっても特になにもありませんでした。

img_3590-s

OSAKA WHEELの特徴の一つ、床面シースルーは透明シートが貼られているのでちょっとカバーされてますが、上を見ると上のゴンドラの床面がよく見えるので、パンチラ不可避。

img_3593-s

青空と白い鉄骨のコントラストが美しいです。さすができたて。

img_3604-s

万博記念公園駅方面の眺めです。遠目に千里中央駅周辺の高層ビルが見えます。
この日はサッカーの試合がある関係で多くの人が駅を行き来していました。

img_3615-s

吹田JCT方面の眺めです。上から吹田JCTが見れるなんて夢のよう。夜もきっと綺麗な眺めなんでしょうね。

img_3610-s

サッカースタジアム方面。遠目に生駒山が見えます。(肝心な大阪市街地方面の写真を撮り忘れました…)

img_3619-s

最後に万博公園。

OSAKA WHEELは7月にオープンしてからまだ二ヶ月しかたってませんが、えげつない順番待ちも無く、むしろすぐ乗れるくらいで、オープン二ヶ月でこれで大丈夫なのか、と正直心配になりました。エキスポシティ自体も生きた廃墟になったりしなければいいのですが。多分大丈夫だと思うけど。